年賀状の宛先PDFを作るPosGoの使い方について

はじめに

この記事は「Ultimate Postcard Generator (ウルティメイト ポストカード ジェネレータ)」の使い方についての記事です。
コードの説明についてはこちらをご参考ください。
作ったあらましについてはこちらを参考にしてください。

CSVデータの作成

PosGoではGoogleスプレッドシートのデータを利用します。

サンプルとして使っているスプレッドシートは下記です。

(上記データの住所については実在しないデータとなっています)

PosGoで使うデータでは、一行目にキーワードとなる見出し行が必要です。
この一行目の見出し行をキーワードとしてデータを入れています。

キーワード 説明
id 通し番号です。現在は利用していませんが、この行に値が入っているもののみ宛名が出力されます。逆にこちらを空欄にすると出力されません。番号が重複していたりしても良いです。
zipcode 宛名の郵便番号です。ハイフンはあってもなくても良いです。例として000-0000でも0000000のどちらでも良いです。スプレッドシートが数値か文字列化を判定するため、また見た目的にもハイフンがある方が良いと思っています。
address_1 宛先住所の一行目です。宛先住所は主にここに入れます。一定の文字数以上(概ね20文字前後)になるとハミ出る恐れがあります。
address_2 宛先住所の二行目です。アパート・マンション名をこちらに入力すると見栄えが良くなります。
family_name 宛名の方の名字です。
first_name_1 宛名の方の下の名前です。名字と組み合わせて全角スペースで区切られます。
suffix_1 宛名の方の敬称です。「様」と入れておくと良いです。「ちゃん」とかでもいけます。
first_name_2 連名で、宛名の方の家族の方を入力します。
suffix_2 連名の敬称です。家族が子供の場合に「ちゃん」を入れる想定です。
first_name_3 連名です。
suffix_3 連名です。
owner_zipcode 差出人の郵便番号です。宛名の郵便番号同様、ハイフンはあり、無しのどちらでも良いです。
owner_address_1 差出人の住所の一行目です。番地までを入れると良いです。このカラムと住所2については下段揃えとなります。
owner_address_2 差出人の住所の二行目です。アパート・マンション名を入れる想定です。
owner_name 差出人名です。連名にはまだ対応できていません。

サンプルのシートの二行目にも簡易的なヘルプがあります。そちらを見てください。

筆まめエクスポートデータを使う

今回の開発を思い立ったきっかけは、手元に筆まめのCSVデータがあったからでした。
そのデータをPosGoで使ってPDFにするまでの手順について説明します。

  1. 空のスプレッドシートを作る
  2. CSVデータをインポートする
  3. 最初の行に見出し行を付ける
  4. 名字と名前の行を分ける
  5. 共有する
  6. PDFに出力する

空のスプレッドシートを作る

まずはGoogleドライブで空のスプレッドシートを作ります。

「新規>スプレッドシートの新規作成」を行います

CSVデータをインポートする

作成したスプレッドシートに対して、CSVデータをインポートします。
メニューにある「ファイル>インポート」から「アップロード」を選びます。

「場所のインポート」については「現在のシートを置換する」、「テキストを数値や日付に変換する」は「いいえ」にしておきます。



インポートが完了しました。

最初の行に見出し行を付ける

CSVデータとPD出力データを紐付けるため、一行目に見出し行を作成します。
一行目を選択して右クリックし「一行挿入する」を選びます。

元々あった見出し行の上に、PosGoに反応するキーワードを入れます。

筆まめ標準の見出し行から以下のように変更します。

筆まめでの名前 PosGoで使う名前
No. id
フリガナ 空欄(使いません)
氏名 空欄(使いません)
敬称 suffix_1
氏名(連名1) first_name_2
敬称(連名1) suffix_2
氏名(連名2) first_name_3
敬称(連名2) suffix_3
登録・更新日 空欄(使いません)
〒(印刷) zipcode
住所1(印刷) address_1
住所2(印刷) address_2
空欄(使いません)
住所1 空欄(使いません)
住所2 空欄(使いません)
フリガナ(会社) 空欄(使いません)
会社名 空欄(使いません)
備考1 空欄(使いません)
備考2 空欄(使いません)
備考3 空欄(使いません)

以下のような形になります。

名前を除く不要な行についてしておきます。(削除しなくても動きます。)

名字と名前の行を分ける

PosGoでは名字と下の名前を分けているため、元のデータから作成します。

「氏名」の列に対して、名字と名前用に分けるため、右に二行を挿入します。

挿入した行に対して、「family_name」「first_name_1」を見出し行に付けます。

今回の例ではC列とD列になります。

「氏名」列を分割するため、C列の3行目に「 =split(B3, ” “, true) 」を入れます。
うまく分割されれば成功です。

参考サイト

4行目以降についてはオートフィル(C列3行目を選択して、セルの右下をドラッグ)を使って同じように埋めていきます。

差し出し人のカラムを作る。

PosGoでは差出人についてもスプレッドシートを参照します。
宛名列の後ろ、右側に差出人の列を追加します。

上記の例ではM、N、O、P列に追加しました。

それぞれ、「owner_zipcode」「owner_address_1」「owner_address_2」「owner_name」を見出し行につけておきます。

共有する

ここまで出来たらこのスプレッドシートを共有します。
スプレッドシートの右上の「共有」から「共有可能なリンクを取得する」をクリックします。

「完了」して、ここで作られたURLをコピーしておきます。

PDFに出力する

さきほどのURLをPosGoに入れ、「生成」をクリックします。

これにて完了です。お疲れ様でした!

CSVデータの共有

ここまで出来たらこのスプレッドシートを共有します。
スプレッドシートの右上の「共有」から「共有可能なリンクを取得する」をクリックします。

「完了」して、ここで作られたURLをコピーしておきます。

PDFでの出力とオプション

PDFの出力にはオプションがあります。

オプション名 説明
ハガキの枠を出力する 郵便番号や切手の位置など、ハガキの位置を出力します。初見だとどういった出力になるか想定しづらいため、デフォルトでオンになっています。
デバッグモード 生成日を出力します。基本的にオフにしてください。

利用上の注意と注意事項、免責事項

PosGoでは共有されたGoogleスプレッドシートを使います。
取り扱いには細心の注意を払っていますが、PosGoを利用することで発生した一切の不利益、情報漏えい、その他の損害について責任を負いません。
十分留意してご利用ください。
また是非ともローカルでの利用を検討してください。

自前ホスティングやローカルでの利用

gss-hagakiはローカルで利用することができます。
PosGoではオンラインでGoogleスプレッドシートを参照して取り出すことが出来ますが、反面情報共有のリスクがあります。
PosGoにて住所データを取り出すことができてしまいます。

リスクについて十分理解の上ご利用ください。
PDF作成の部分についてはgss-hagakiにて公開しています。
こちらのリポジトリをクローンすればローカル環境でも動かすことが出来ます。

CLIで動かすか、自前サーバに組み込んで利用するとPosGoとは情報を共有しないため、リスクがかなり低くなります。
そちらでの利用を是非検討してください。

ライセンスと謝辞

gss-hagakiのライセンスについて

gss-hagakiのライセンス形式はGPLv3です。

TCPDFのライセンスについて

TCPDFはGPLv3の元で配布されています。

利用しているフォントのライセンスについて

またgss-hagakiでは、フォントにMigMixを使わせていただきました。すごく見やすくて良いフォントです。ありがとうございます。:)
MigMixフォントはIPAフォントの派生フォントとのことで、MigMixはIPAフォントライセンスとなります。

今回のgss-hagakiではMigMixを利用していますが、派生プログラム、再配布とはならないようです。
(こちらの解釈が違っていたら教えてください)

下記のフォーラムを参考にしました。

IPAフォントの再配布には該当しません。
「IPAフォントライセンスv.1.0」に従ってご利用いただけます。
例えば、以下の利用がデジタル・コンテンツとしての利用に該当します。
・コンテンツの中のテキストや文字画像の一部にIPAフォントを利用

とのことで、再配布しているフォント部分についてはIPAフォントライセンス、その他の部分についてはGPLv3となります。

サイトのデザイン、コーディングについて

サイトのデザイン、コーディングは シュンゴ=岩﨑=メンディー 氏に作ってもらいました。ありがとうございます 🙂

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。